AENETオンラインカタログ
Produced by Tokai University

【資料名】

パピルス

Cartonnage fragment

【遺物詳細】

N o .
: SK116-20-001
時  代
: プトレマイオス朝時代
年  代
国・地域
: エジプト
材  質
サ イ ズ
: 縦 30cm 横 35cm 厚 0.7cm 重 g

【解説】

パピルス文書は後の時代に再利用され、動物ミイラを作る際に使われた。ミイラに泥や布、パピルス断片などを貼りつけてミイラの外側表面を作る技法をカルトナージュという。